シティ


道東地方、流氷による寒さも厳しいオホーツク海沿岸に「日の出の町」雄武町があります。稚内と知床のちょうど中間地点に位置するこのマチは、オホーツク海の豊富な海産資源と、広大な大地を利用した畜産資源に恵まれた「自然と資源の豊かなマチ」でもあります。

オホーツク海を望む海岸線はおよそ35キロにも及び、牛たちが草を食む草原をバックに続くのは、どこまでもゆったりとしたのどかな景色。このマチではあなたが思い描く北海道の原風景、広く大きな北の大地そのものの魅力を楽しむことができるでしょう。

雄武町のホームページ(別ウィンドウが開きます)

美しく輝く日の出。

展望台ラ・ルーナ。

コバルトブルーの海。

流氷の合間から覗く夕陽。

夜の「ホテル日の出岬」。

「ホテル日の出岬」大浴場。

ピヤシリ湿原。

静かに草を食む牛たち。

道の駅「おうむ」の展望台。

健康の森。

オホーツクサイクリング。

道の駅「おうむ」外観。